読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩歩けば人は変わる

子どもの頃から親に叩き込まれた教えがブログのタイトルです。基本思いついたときしか書きません。

イクメンは増えたと思うけど、子育ての手伝い役になるのが難しいところだよね。

イクメンは増えたと思うけど、子育ての手伝いだよね。
とワイフと話す機会があったので、そのときの話を。

前の記事の末尾に書いたとおり、第二子の存在が確認されそうな状況もあるので、昨日1歳の息子と2人、電車に乗って朝8時から東山動植物園に行ってきた。


走り回る&食事をすると便通が良くなるみたいで、脱糞も2回。
お弁当はせっかくのおかずをあまり食べなかったけど、僕用に用意したゆかりのおにぎりだけ気に入って2つまるっと食べた。
弁当を食べ終わった後、息子は既にノリノリで歩いて行ってしまう。
何言っても止まらないので、息子を目で追いながら急いで片付けて、ダッシュで追いかける。
普通にただ見ているだけなら何ら問題ない。
ただ何かをやりながら子どもを見る、というのは、外では案外難しい。
買い物だったり、今回みたいなお弁当の"片付け"など。

とにかく目を離さないこと。
いつもこれを注意しているが、昨日は一度だけ一瞬見失って相当焦った。
顔ハメ写真パネルに息子自ら顔をセットしにいったので、写真を撮った。
その後息子が顔ハメ写真パネルから外れて走り出したので、裏面に。
僕も走って裏面に向かったはず、息子が見当たらない。
必死に呼んで、周りを走って探したが、見つからず。
そうしたら、まだ顔ハメをしてた。
他の家族に混じって顔ハメをして一緒に写真を撮っていたので、気づかなかった。
久しぶりに焦った気がする。

息子を抱っこしてたら爆睡したので、また電車そのまま帰宅。
帰宅後ワイフと雑談しながら、「子どもを連れてるときの"あるある"だよね」と。
しかし、イクメンと呼ばれる人からはあまりそのテの話は聞かない。
そういえば、動物園でも父親の姿はよく見たが、小さい子どもを連れた男性は皆母親とセットだった。
これは動物園だけじゃなく、ショッピングモールや子ども向けの施設、外食に行ったときにも同じ傾向だ。
父親と小さな子どもをセットで見かけるのは、近所の公園でのみ。
「普通は父親と小さな子どもだけで外に出かけるなんて、無理だよ」とワイフ。
そもそもおむつや食事などの世話を一通り、父親のみで見るのは難しいし、その状態で外に出かけて何かあったら。。。
母親は絶対に安心できないから無理。
僕は息子が生後半年で専業主夫生活を3ヶ月ぐらいやって慣れているので、安心して任せれるだけの模様。
そういえば、息子と離乳食終わったばかりの頃に馴染みのイタリアンに行った時、息子用スペシャルメニューをお願いしつつご飯食べたら、シェフから「よく2人だけで連れて来られるね」と驚かれていたっけ。


この考え方って育児も同様だと思っているんだけど、上に書いたように父親だけには完全には任せられない。
そうはいっても、ちょっとずつでも負荷分散するだけで、家庭のストレス量が減ってお互いハッピーになれるし順々で良いんじゃね。